Artists

William Wylie

 
William Wylie(ウィリアム・ワイリー,1957-)は、米国イリノイ州ハーヴェイ市生まれ。1976年にコロラド州に移り、ミシガン大学で写真を学びます。
現在は、ヴァージニア州シャーロッツビルに住み、ヴァージニア大学のアート部門の教授を勤めています。彼は、特定のロケーションや見逃されがちな場所をテーマに、アメリカ西部から欧州を幅広く撮影してきました。
作品は全米各地で展示されるとともに、多くの公共コレクションに収蔵されています。それらは、メトロポリタン美術館、スミソニアン美術館、プリンストン大学美術館、アーモン・カーター美術館、デンバー美術館などです。
写真集は、「Riverwalk, Explorations Along the Cache la Poudre River」(2000年)、「Stillwater」(2002年),「Carrara」(2009年)、「Route 36」(2010年)、「Pompeii Archive」(2018年)などがあります。
2020年1月、過去10年に世界中で撮影した建築写真を集めた「Structures and Space」展をブリッツ・ギャラリー(東京)で開催しています。
 

Waagegasse #1, Erfurt, Germany, 2013
ⓒ William Wylie

Exhibitions


ⓒ William Wylie
Structures and Space
Jan.8.  2020 - Feb.24, 2020

ⓒ William Wylie
As the Crow Flies
Oct.20, 2016 - Dec.17, 2016