Exhibitions

Young Velvets, Young Prices, Hat Fashions III, 1949.
ⓒ Iconic Images/Norman Parkinson Archive

Norman Parkinson : 
Always in Fashion

October 11 - December 22, 2019      
Wednesday through Sunday 1:00-6:00PM

 

Press Release



 

20 世紀英国を代表する写真家ノーマン・パーキンソン(1913 - 1990)の日本初個展です。
ノーマン・パーキンソンは、ファッション/ポートレート分野において、20世紀でもっとも偉大で、影響力を持つ 写真家の一人だと言われています。「ハ―パース・バザー」(1935-1940)、「ヴォーグ」(1945-1960)をはじめとするファッション誌で戦前より仕事を行ってきました。パーキンソンは、見る側がモデルの存在にリ アリティーを感じる、ストリートや遠隔地のエキゾチックな場所での撮影を最初に行った写真家の一人です。「ファッション写真の父 ( The father of fashion photography ) 」、「ファッション写真の巨人 ( A gi a n t in fashion ph otograp hy” )」とも呼ばれ。その後に登場する若手写真家の撮影スタイルに多大な影響を与えました。1981年には、その際立った業績が評価され大英帝国の勲章 (CBE/Commander of the British Empire)が授与されています。
 
今回の日本初個展では、1938年から1982年までに撮影された代表作から、リサ・フォンサグリーヴスやマリ ー=エレーヌ・アルノーなどがモデルを務める有名ファッション写真、オードリー・ヘップバーン、ジェリー・ホール、 ザ・ビートルズ、デヴィッド・ボウイなどの珠玉のポートレートを含むモノクロ/カラー約25点を紹介いたします。 すべてが作家の意思を受け継いで運営されているノーマン・パーキンンソン・アーカイブスから提供されるエデ ィション付きエステート・プリント作品です。また2019年夏に刊行された“Norman Parkinson: Always in Fashion”(ACC刊)も販売いたします。

(同時開催) 「華麗なるファッション写真の世界」 ノーマン・パーキンソンのファッション・ポートレート写真と共に、彼と同時期に活躍した写真家、リチャード・アヴ ェドン、ジャンル―・シーフ、メルヴィン・ソコルスキー、ホルスト、ブライアン・ダフィーなどの作品の展示を予定し ています。