Blitz Gallery updated 2017-08-30

Past Exhibition

NAOKI 写真展
ORDINAL
- VINTAGE PHOTOGRAPHS -

2012年 3月9日(金)~ 4月28日(土)
1:00PM~6:00PM/ 休廊 日・月曜日 / 入場無料


inf_press_53_s.jpg

現在ファッション、コマーシャル分野で活躍する日本人写真家NAOKI(ナオキ)の写真展「ORDINAL - VINTAGE PHOTOGRAPHS -」を開催いたします。なお本展とともに、4月4日~25日まで銀座シャネルのネクサス・ホールで行われるナオキの新作展「MOOD- 9 GIRLS」が同時開催されます。

NAOKIは1950年奈良生まれ。もともとは画家を目指しますが、人間との仕事が好きだったので写真家に転向。ファッションの本場、ミラノ、ロンドンで活躍後に帰国。自らが写真家として活躍する一方で1987年、日本で初めて写真家、ヘア・メイク、モデルをマネージメントするコマーシャル・レップのフェイス・トゥ・フェイスを東京に設立しています。1995年に写真集「ORDINAL」、2004年に写真集「REAL FACES」(主婦の友社出版)を刊行。日本で数少ない本格的ファッション写真家として、with、ELLE japon、Oggi、Cawaii、como、SPUR、Style、装苑、Domani、Hi-Fashion、Precious、mina、流行通信、Ray、などのファッション誌、広告で活躍するとともに、数多くの雑誌創刊に関わってきました。写真家として、また、モデル発掘とプロデュース、ヘア・メイクのディレクションなどを行う多彩なクリエーターとして知られています。

今回展示するのは90年代前半に撮影された彼の初期代表作「ORDINAL」からのセレクションです。街の景色が大きく変貌したバブル崩壊後の東京のストリートを背景に、NAOKIが見出した無名時代の江角マキコやモデルたちを起用して撮影されたスナップ風ファッション作品です。銀塩写真はすべて著名な英国人マスター・プリンターのビル・ローリンソン(Bill Rowlinson)氏によって制作されています。サラ・ムーンなどのプリンターとして知られるローリンソン氏は仕事を選ぶことで有名。有名写真家からの依頼を断ることもあったそうです。しかし彼はNAOKIの写真作品に魅了されて、快く作品制作を請け負ってくれたそうです。当時、NAOKIは撮影ごとにローリンソン氏にプリントを依頼していたとのこと。今回の展示作品は撮影時に制作された現存枚数が非常に少ない貴重なヴィンテージ・プリントです。実はローリンソン氏は2008年に亡くなっており、ニュープリントの制作はもはや不可能になっています。

本展では伝説のマスター・プリンターによる珠玉の銀塩写真約18点が展示されます。2012年春は、ぜひNAOKIの原点である90年代の気分と雰囲気を記録した「ORDINAL - VINTAGE PHOTOGRAPHS -」展と、最新作「MOOD- 9 GIRLS」をご覧ください。二つの展示を通して、日本のトップ・ファッション写真家がこの15年間に何を見てきたのか、また価値観の多様化した現代社会の先に何を見ているかを垣間見ることができるでしょう。