Blitz Gallery updated 2017-04-12

Past Exhibition

テリ・ワイフェンバック 
「Hidden Sites」
(A Photographic Voyage of Discovery)
2014年 4月30日(水)~ 6月28日(土)
1:00PM~6:00PM/ 休廊 日・月曜日 / 入場無料

inf_press_60_image1.jpg
ⓒTerri Weifenbach

米国人写真家テリ・ワイフェンバック(Terri Weifenbach)の写真展「Hidden Sites (A Photographic Voyage of Discovery)」を開催いたします。当ギャラリーでは2012年に開催した「Between Maple and Chestnut」以来となる、4回目の個展です

本展示作は、2005年にオランダ北東部のフローニンゲン(Groningen)で行われた「Hidden Sites」プロジェクトにワイフェンバックが招待されて撮影したシリーズです。これは、時代の変遷により歴史から消えた場所(Hidden Sites)を新たに蘇らせることを目的としています。対象になるのは、主に教会、城、カントリーハウスなど。残っている建物や周辺環境の整備がいまでも進められました。かつてこの地域には数百もの城のような建造物があったそうです。しかし、いま残っているのは僅か16だけで、多くはその痕跡を見つけることもできないそうです。1世紀前まで、この地では亡くなった家族の歴史を詩人に書かせ募石に刻み込む風習があったとのこと。今回は詩人の代わりにワイフェンバックら4名の写真家が招待されました。いまでも過去の痕跡を残す場所が地元環境保護グループに探し出され、写真家たちにそれらの地の現在を記録するとともに、写真作品でその存在を広く紹介することが託されたのです。

ワイフェンバックは、日常にある何気ない自然風景のカラー作品で知られる写真家です。ピンボケ画面の中にシャープにピントがあった部分が存在する写真が特徴です。夢の中にいるような、瞑想感が漂う明るい作品には根強い人気があります。今回の写真作品は土地の記憶をいまの風景の中から紡ぎだすことが目的ですが、彼女の一貫した写真世界は全く揺るぎません。ワイフェンバックの撮影スタイルは本テーマと非常に相性が良いと感じられます。彼女には2002年に「Lana」という北イタリアの村で撮影されたシリーズがありますが、本作はオランダのフローニンゲン(Groningen)で撮影されたその続編のようにも感じられます。

本展では20X24”(約51X61cm)サイズのカラー作品約14点が展示されます。オランダ以外では初めての写真展となります。限定カタログも会場で販売予定です。

テリ・ワイフェンバック(Terri Weifenbach)プロフィール

1957年ニューヨーク市生まれ。現在、ワシントンDC.に在住。メリーランド大学で絵画を学びましたが、30年以上に渡り写真家として活躍するとともに、ココーラン・アート・デザイン大学で教鞭を執っています。
写真集は「In your dreams」(1997年)、「Hunter Green」(2000年)、「Lana」(2002年)、「Between Maple and Chestnut」(2012年)、ジョン・ゴセージとの共著「Snake Eyes」 (2002年)があります。初期作はレア・フォトブックとしてコレクターズ・アイテムになっています。作品はクリエイティブ・フォトグラフィー・センター(アリゾナ)、サンタバーバラ美術館などの世界中の美術館でコレクションされています。