「Eternal Flux」高橋 和海 - 行 く 水 の 流 れ -
2018年 1月9日(火)~ 3月10日(土)
1:00PM~6:00PM/ 休廊 日・月曜日 / 入場無料 

高橋 和海(Kazuumi TAKAHASHI)の写真展「Eternal Flux」を開催いたします。当ギャラリーでは2009年に開催した 「Moonscape - High Tide Wane Moon-」以来の2回目の個展です。高橋は、前作で月と海の組写真を通して、月の引力と地球の海との関係性や、その潮の満ち引きの私たちの行動への影響を提示しました。その作品は、大型カメラ(4x5版)を使用し、自然との長時間の対峙の中から生みだされます。静謐かつ瞑想感が漂う風景シーンは、人間が自然の大きな営みのなかで生かされている事実に直感的に気付かせてくれます。彼の作品は、見る側が自らを客観視するきっかけを提供してくれます。私たちはそれらによって、癒されるとともに、枯渇していたエネルギーが再注入されるのです。

「Eternal Flux」は、永遠に続く絶え間ない変化、という意味。サブタイトルの「行く水の流れ」は、方丈記を意識して付けられています。本作で、高橋はライワークとしている宇宙の営みの視覚化をさらに展開させます。今回は、海の水は太陽によって蒸発し、再び水に還り、雨として陸地に降り、そして再び海へと還るという、完全なる水の循環サイクルを意識して作品を制作。その自然サイクルから現代社会の諸問題の解決ヒントを導き出そうとします。人間が自然を支配するという西洋的な思想が、地球の資源を消費し自然破壊を引き起こしてきました。それに対して、仏教の輪廻に通じる自然サイクルを重視する考えが、この問題への対処方法になるのではないかと示唆しているのです。

本展では、デジタル化進行で制作が困難になった貴重なタイプCカラープリントによる作品約16点を展示する予定です。フォトブック「Eternal Flux」(SARL IKI 2016年刊)も限定数販売たします。

「Eternal Flux」

 

重力あるいは引力は、地球を太陽中心に公転させ、月を地球に巡らせる。
そして、水は流れ、月の力は波と潮に作用する。水は、日によって蒸発し雨として再び水に還る。海で蒸発した水は陸に降り、そして重力によって海へと還る、完全な水のサイクル。日本の仏教では、輪廻天性という概念があり、人の魂もまた転生し、永遠のサイクルのなかにあると考えられている。
私のプロジェクトは、写真によって、こうしたサイクルを視覚化しようとする試みである。私は漁師の家に生まれた。そのため、水の流れ、干満、そしてそういった宇宙のリズムと共にあった。海は私にとっての原風景、それは幼少期からの非常にコアな原初的風景だ。私の写真、海岸線を巡る旅は、永遠の流れを、宇宙のサイクルの中心を、そしてその終わりも始まりも無いことを、世界に暗示しているのである。
  高橋 和海

高橋和海 プロフィール

  •  1963年 神奈川県横須賀生まれ
     1989年 東京綜合写真専門学校卒業、1991年同校研究科卒
     1990年代から個展、グループ展で作品を継続して発表
     2007年 米国の有力アート写真集出版社のNazraeli Pressより"High Tide Wane Moon"を刊行
     2008年 米国オレゴン州ポートランドのCharles A. Hartman Fine Artで米国初個展を開催
     2015年 大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2015参加
     2016年 フランスの出版社SARL IKIより"Eternal Flux"出版
     Joy of Giving Something, Inc.コレクション(ニューヨーク)に作品が収蔵
CURRENT EXHIBITION